北海道を朝から元気にする

お問い合せ TEL.011-860-4771

メールでのお問い合せはコチラ9:00〜17:00(平日)

経営者モーニングセミナー

HOME > モーニングセミナー > 「間」を持てば、持たせれば、意外に解決できる

2019年12月5日(Thu)

第893回 帯広市倫理法人会のモーニングセミナー「間」を持てば、持たせれば、意外に解決できる

第893回 帯広市倫理法人会のモーニングセミナー
テーマ「「間」を持てば、持たせれば、意外に解決できる」
2018年12月5日(木)

第893回 経営者モーニングセミナーは、
講師に
フォー・ユウ調剤薬局  
古川 敏和 氏をお迎えして、
テーマ「「間」を持てば、持たせれば、意外に解決できる」にてご講話いただきます。

■プロフィール
東京薬科大学卒→患者さんの近くで薬剤師として何ができるかと考え徳島大学大学院医療薬学専攻に入学する。
大学病院での活動において、不測の事態に直面できる看護師の立場が羨ましく思い、かつ看護学校の授業料の安さから、これは獲るべしと、大学院を退学し、国立病院四国がんセンター附属看護学校に入学。
しかし、入学までの熱意とは裏腹に、それまで培った基礎医学の知識だけでやり過ごせれば、かっこよくね?と惰性で卒業し、学校で十分経験できなかったという理由で、大阪府立千里救命救急センターのICUにて看護師を務めるも、怠慢な私は、突然不幸に見舞われた物言わず一生懸命生きたい人々に接する中、払意と自責の念を抱かざるを得なくなり耐えられず退社。
その後、愛媛の田舎の診療所そばの薬局に務めるが、薬剤師は私一人、一日に100人の慢性疾患の患者さんがやってくる現実から逃げられない実状の環境下、少しずつもともと抱いていた理想に目が向き、人に何か出来るのは、自分自身がまず一生懸命でないとと思うようになる。
その後、需要が高い田舎の薬局を1年や2年の契約で現場を渡る。
その中で、だんだん履歴書が怪しくなるのを補うために、漢方生薬認定薬剤師の講座に通い始める。
基礎医学や薬理が得意でしたので、漢方については懐疑的な見方をしていましたが、講座において漢方的思想に、西洋医学では及びようがない人の根幹の見方があり、腑に落ち、漢方にはまる。
試験には合格したものの、漢方の原点「傷寒論」が出鼻から読めず、解決のためには、それに経絡やツボの話が出てきているので、どうも鍼灸を学ぶ必要があると思い、盛岡医療福祉専門学校に通う。
看護学校の時の反省もあり、仕事も休まず勉強も手を抜くことなく、全力で過ごしたおかげで、鍼灸国家試験の全国模試なるものでは、3度全国1位になる。
卒業後、変わらず田舎の薬局を務めるスタイルであるが、赴任した先では縁があり東洋医学医学概論講座を担当させてもらったり、帯広では、そのミニ講座と連動して運動を促すRUN&WALKを主催している。
講座の内容には、継続し学んでいるものに一切ネットを引用しない自負がある。
遇曰く、当に先ず必ず読むこと百遍すべし、とあるよう、何度も噛み砕いたものを知識としたい。
講座は、気と漢方を基軸に諸子百家、漢字、解剖生理学にまで多岐に及ばして、運動が大事ですよ、に着地させる。
ライフワークとして、年一回はウルトラマラソン(年々タイムを縮めたい)
フルマラソンはサブスリーが目標(現在3時間6分)
手話(10年以上続けているが片言レベル)

■会場情報
開催曜日 毎週木曜日
開催時間 モーニングセミナー 6:00~7:00まで
朝食会 講話終了後30分ほど
開催場所 相互電業㈱ 3F
〒080-0801 北海道帯広市東1条南5丁目2番地(JR帯広駅より徒歩15分)